「南無アッバ」を生きる ホーム »○お知らせ・報告
カテゴリー「○お知らせ・報告」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

09/13のツイートまとめ  

yohaku5

おまえも無条件にゆるされたのだから、おまえも相手をゆるしなさい。(マタイ18より) #今日の言葉
09-13 19:52

@mitakaforest アドラーは、その「善」の前提に、「人間関係」を置いています。
09-13 22:15

category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

09/12のツイートまとめ  

yohaku5

@mitakaforest そうですね。苦難に意味を見出せることは、まさに「得」なことです。
09-12 11:41

ある行為の目的は「善」でなければならないが、その「善」は、道徳的な意味ではなく、自分にとって〈ためになる〉という意味である。(『アドラーをじっくり読む』より) #今日の言葉
09-12 15:39

category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

09/11のツイートまとめ  

yohaku5

宗教とは「受容の安らぎ」だという。人をゆるせば天国に行ける?神に喜ばれる?いや、あなた自身が今、得をするのである。 #今日の言葉
09-11 15:01

category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

09/10のツイートまとめ  

yohaku5

掟を守ることで窮屈になるのではなく、自分の得になるという発想(NHK「イスラムという生き方」より) #今日の言葉
09-10 11:43

category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

09/09のツイートまとめ  

yohaku5

天正遣欧使節でありながら、棄教したとされていた千々石ミゲル。「(日本という)異文化に適応しようとしなかったイエズス会に、ミゲルは異を唱えたのでは。信仰そのものを捨てたわけではないと思う。」(大石一久)『沈黙』のロドリゴを想う。https://t.co/8tuURv5s62 #今日
09-09 13:22

category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop