「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »秋雨の上がりてしばし時を止め  栄一

秋雨の上がりてしばし時を止め  栄一  

ルカ12・54-59
時を見分け、人を許せ。
二つのテーマが語られる。

高挙=復活された主は、わたしたちには見えないが、たしかに「今、ここにおられる」という、お弟子たちの証言を、信じる者。
それがキリスト者、クリスチャンです。

その決定的な根拠があるからこそ、上2つのテーマが語られるのです。

今日は、どうやら雨模様で、こんな日は感覚的には、おもわず憂鬱になってしまうのですが、このお弟子たちの「体験の絶対性」の御言葉=聖書を度々思い起こし、しっかり信頼していきましょう。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/954-5510cc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop