「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »子と議論するも楽しき夜長かな  栄一

子と議論するも楽しき夜長かな  栄一  

ルカ12・39-48
すべて多く与えられた者は、多く求められ、多く任された者は、更(さら)に多く要求される。

これは、弟子の心構えとして、話されたかもしれませんが、
逆にいえば、少なく与えられた者は、少ししか要求されない。

自分が、組織や集団の中で、あまり重んじられていない、軽視されている、とるに足りない者だ、と嘆くとき、

このことを、思い出してみましょう。
神アッバは、その人の人生に、その時々、耐えられるほどの重荷を、背負わせているのです。
1コリ10・13参照。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/952-d3a03f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop