「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(2) »「麦」2007年9月号より

「麦」2007年9月号より  

原生林

夏の雲やがて一つに溶け合うて  栄一

たっぷりと田水張りたる国境

夏来り遠くが見える目のありぬ

病蛍闇は光のためにあり


地熱集

現職の大臣自死す木下闇

拓郎も懐メロとなる晩夏かな

轢死せる猫が見ている涅槃西風

関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(2)

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/878-706b15c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop