「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »創世記18・16-33 マタイ8・18-22

創世記18・16-33 マタイ8・18-22  

誰彼のお陰で生きてビール飲む  栄一

第一朗読は、ソドムのわずかな善人のゆえに、町を滅ぼさないという、神の忍耐強さよりは、新約の初穂理論につながる、キリスト一人のゆえに救われる・・・・という前触れとして読んだ。

福音の方は、イエスに従う、ということの意味が問われている。
それは第一に、(日常の)何を置いても、イエスに信頼すること、と受け取った。

そしてそのイエスは、私たちの出会う「誰彼」のなかにも、おいでになる。。。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/818-84575f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop