「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »ルカ9・51-62

ルカ9・51-62  

狐に穴鳥に巣のある夏夕べ  栄一

フランシスコ会S神父説教より
「初誓願式のとき、わざわざ総長代理がいらしてくださった。
司会の指導司祭が、「君たちもあの大先輩のように、キリストの立派な証びとにならねばなりません」と言って、総長代理を指差した。
すると、当の代理は、祭壇の一番前で、いびきをかきながら眠っていた。

自分もなかなかそこまで安心しきった信仰は、未だ持てないが、見習いたいものです。」

リジューのテレジアを彷彿させる、よい説教でした。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/817-ee88c726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop