「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »創世記15・1-18,マタイ7・15-20

創世記15・1-18,マタイ7・15-20  

信頼は義の実か種か梅雨の晴  栄一

やや理屈ぽくなってしまったが、第一朗読でのアブラハムが「信じて義とされた」ことと、「見てくれに惑わされるな。中身で真偽を見分けよ」という福音朗読に刺激されて一句ものした。

関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/812-e45751ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop