「南無アッバ」を生きる ホーム » ○雑記 »7/1以降の投句

7/1以降の投句  

この記事のコメント欄にお願いします。
関連記事


category: ○雑記

thread: 俳句

janre: 小説・文学

コメント

詩「風ノ人」 



風ノ人 
       服部 剛 

二十一世紀の
ある青年は日々 
( 姿の無い誰か )が 
自分を呼んでいる気がした 



二千年前の遠い異国で 
ある村の漁師は湖の畔に立っていると 
背後を誰かが通りすぎ 

( わたしについてきなさい・・・ ) 

漁師は手にした網をすぐに離し 
人の姿で生きていた
( 風ノ人 )の 
不思議な背中についていった 

村の貧しい家々をまわり 
独り死を迎える
痩せこけた老人の枕元に坐ると
( 風ノ人 )は
黙って細い手を握り 
窪んだ瞳が潤むのを 
じっとみつめた 

 * 

二十一世紀の
ある青年は 
いつも寝る前に 
( 風ノ人 )
という本を読んでいた 

本を閉じ 
独りの夜に耳を澄ます 

( わたしについてきなさい・・・ ) 

二千年前の 
漁師に語りかけた 
あの声が 
何処か遠くから  
耳元に囁く 



服部 剛  #no8j9Kzg | URL
2007/07/08 21:04 | edit

服部さんへ

いつも、すばらしい作品をありがとうございます。

お仕事も、文学活動も、旺盛にされている様子、お体に気をつけて、がんばってください。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/07/10 04:19 | edit

こんにちは。いうです。
間違って下の記事の方に投稿してしまいました。ごめんなさい。

いう #dfWVfM6A | URL
2007/07/23 12:02 | edit

まぶしすぎる夏

とがめては目にややまぶしダリヤかな

いう #dfWVfM6A | URL
2007/07/25 00:10 | edit

投句ありがとうございます

お手紙も届きました。
今、メールするところです。

いう俳句復活ですね♪

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/07/25 03:27 | edit

すべてに時は与えられた

万緑は時ゆるされて天臨む (マタイ13:24-30)

いう #dfWVfM6A | URL
2007/07/29 01:54 | edit

玉句

いただきました。
暑くなりましたね、ご自愛のほど。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/07/29 05:32 | edit

確かに悪い者でも子どもには・・・(^^;)

あふれくる乳や裸子せがむれば(ルカ11・1-13)

いう #dfWVfM6A | URL
2007/07/29 16:09 | edit

同じ聖書箇所から

作ったものです。↓URLから。

世界中で、同じ箇所が読まれ、それぞれの心境で受けとめていく、すばらしいことですね。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/07/29 17:06 | edit

朝(だけ(^^;))は涼しいです


涼風や猫の足音朝軽し

いう #dfWVfM6A | URL
2007/07/31 23:53 | edit

こちらも同じ

梅雨明けたのかな?よくわかんない天気です。

うちのタマも、落ち着いていますわ。いいねー猫は。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/08/01 05:13 | edit

何とか、また続けられそうです

吾子の目は葉柳映すまでになり

夕暮れの蛍まばらに恋の果て

道半ば過ぎて記憶の棚卸し (8/2マタイ13・47-53)

いう #dfWVfM6A | URL
2007/08/02 13:08 | edit

いい感じですね

ただいま、「余白の風」8月号編集中。
いうさんに、航空便で139号送ったのですが、届いたかな?
安いよね、「航空書簡」世界中90円!

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/08/02 13:40 | edit

届きました!

「余白の風」139号、届きました!手にとって読めるのは、また違ったうれしさがあります。ありがとうございます。縦書き、とっても読みやすいです。やはり日本語の詩歌の表記にはあっているのでしょうね。皆さんの作品にいろいろ刺激されました!

今日の句

踏み惑いそれと知らずに薄荷草 (マタイ13・54-58)

いう #dfWVfM6A | URL
2007/08/03 15:51 | edit

ほいほい

届きましたかー、大変な旅をしている郵便に、殊のほか感動しているこの頃です。

複写はがきも復活ぎみです。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/08/03 15:59 | edit

初金のロザリオ

乳飲み子の指を数えてアベ・マリア

いう #dfWVfM6A | URL
2007/08/04 09:40 | edit

これからアバミサです

暑くなりそうだね。

掲句、自然にお子様も、ロザリオ覚えちゃうねー♪

私見「・・・・指に数えて」の方がいいかも。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/08/04 10:29 | edit

やっと雨が・・・

>私見「・・・・指に数えて」の方がいいかも。

(@@)あー、その通りですね!ご指摘に、口に出して何度か読んでみて気付きました。/(^^;)助詞は難しいですね。

こちら日照り続きでしたがやっと雨が降りました。


夏痩せの義人の影やヨハネの忌(8/4マタイ14:1-12)

万物の命洗いて喜雨の夜

まばゆさや目にもとまらず夏が逝く(8/6主の変容 ルカ9・28b-36)

いう #dfWVfM6A | URL
2007/08/07 13:03 | edit

明日発送

いうさん、
明日にでも、余白の風140号プリントお送りしますね、航空書簡です。

ともかく暑い!

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/08/09 20:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/786-06cab1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop