「南無アッバ」を生きる ホーム » 今日、心に残った言葉 »宇津井健さんと瀬戸内寂聴さんの対談

宇津井健さんと瀬戸内寂聴さんの対談  

宇津井「妻はC型肝炎になったとき、井上洋治神父の洗礼を受けましたから、死期が迫っても堂々としていました。

その姿に打たれて、私も一昨年の誕生日に洗礼を受けました。」

寂聴「・・・・さっきお話の出た井上神父さま、私もよく存じあげているんですよ。

遠藤周作先生のお友達で、素晴らしい方ですね。

あの方のお世話で、作家の方も随分とクリスチャンになっているんです。

私は途中で、ちょっと違う、やっぱり私は仏教かなと思って、随分悩みましたけれど、ご紹介くださった遠藤さんと神父さまに思い切ってそう申し上げたら、おふたりとも全く怒らないで、「そうかもしれないね。よかったね」って言ってくださった。」

(「いきいき」2007.6月号より抜粋)
関連記事


category: 今日、心に残った言葉

tb: 1   cm: 3

コメント

こんな対談が・・・

あったのですね。

一昨年から時折、
宇津井さんの姿はおみかけしていました。

奥様が熱心な信者さんと聞いておりましたが、
やはり奥様の影響で受洗なされたのですね。

NK #Km13rFBM | URL
2007/05/21 11:18 | edit

はい

そのほかにも、この対談は、よい内容でした。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2007/05/21 12:51 | edit

井上神父を追うように

宇津井健さんが逝きました。
奥様なき後、
南無アッバのミサにもいらしてましたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00000065-dal-ent

#oBO5MkqQ | URL
2014/03/14 21:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/778-542945a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇津井健

宇津井健宇津井 健(うつい けん、1931年10月24日 - )は、東京都出身の日本の俳優。早稲田大学在学中に俳優座養成所に入る。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。翌1954年に新東宝に入社し、若手スターとして大活

さくらの記録 | 2007/06/05 02:39

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop