「南無アッバ」を生きる ホーム » ○雑記 »4/21~投稿はこの記事のコメント欄にお願いします。

4/21~投稿はこの記事のコメント欄にお願いします。  

求道俳句掲示板を移転しました。
投句・投稿は、この記事下のコメント欄にお願いします。
関連記事


category: ○雑記

tb: 0   cm: 7

コメント

空、ゆさゆさとサクラのゆれよう

人間やめて雲にでものろう

子供、シャボン玉になってやろうか

-----------------

自由律に希望の灯がともったのに、また平田さんが、やめてしまい残念。でも自分の信じる道を進むのが、一番ですね。

比田井 白雲子 #oBO5MkqQ | URL
2007/04/24 19:55 | edit

すみません、

実は、あれからも、いろいろ試行錯誤していまして、結局今は、層雲関係も、現代俳句協会も、退会し、現在は、「豈」&「麦」だけにしぼりました。

今の私にとっては、定型VS自由律というより、求道俳句(最近は、スピリチュアル俳句といってますが)を、どこまでやれるか、という課題が、こだわりになっているのです。

栄一 #oBO5MkqQ | URL
2007/04/24 20:10 | edit

賞味期限17日過ぎの牛乳

賞味期限切れの牛乳を家族に飲ませてしまった。
開封してなかったので新しいと思い込んでた。
コップに注ぎながら私はまだ気づかなかった。
確かめもしなかった。
飲みかけの場合は反射的に必ず確かめるのに・・・。
うっかり。不注意。私の弱点。
牛乳の消費の多い我が家。
入りきらなくて野菜室に入れておいて冷蔵庫のポケットが空いたところで
期限を確かめないで入れてしまったのか・・・。
誰か心当たりある?
誰も、・・・覚えがない。
記憶とは曖昧なもの。
パッケージのぴんとした新しさに新しいと思い込んだ一瞬の出来事。

「私は、そういうことはしない。」
「そういう間違いは私はしない。」
そう言われた。
そうかあ・・・。
「あっ、もしかしたらぼくかもね。覚えがないけど、うっかりやっちゃったのかも。」

そう言われたら救われたかも。





ひかり #- | URL
2007/05/02 10:40 | edit

う~ん

>「あっ、もしかしたらぼくかもね。覚えがないけど、うっかりやっちゃったのかも。」

この一言が、家族の間でも、ってか家族だからこそ、出にくいのかもしれませんね。

だれでもうっかりはあるもの。
おおらかに行きたいですね、自戒をこめて。

栄一 #oBO5MkqQ | URL
2007/05/02 12:13 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2007/05/02 15:39 | edit

結論 ・ 沈黙

         沈黙なさることも、

         お語りになることも、

         神さまの勝手。


         神は

         自分に合わせて作る

         衣服ではない。


         神は、

         わたしを包み、

         また、内側から満たすもの。

         単に着るものではない。


         わたしができるのは

         その沈黙にも

         耳を傾けること。


         目の前の出会いのうちに潜む

         小さいイエスに、

         そして、

         自分に迫る出来事に、

         目を見開き、ひたすら聴くこと。


         そのうちに

         喜びと希望を

         見出すこと。

noise #- | URL
2007/05/06 22:08 | edit

信仰の根本は、

まさに、この自己の相対化なのだと思います。

それでも、なかなか、「沈黙にも耳を傾けること」や、「目の前の出会いに」「小さいイエス」に気づくことができない。

だからこそ、しばしば、祈りが大切なのだ、と改めて教えられました。

ありがとうございます。

栄一 #oBO5MkqQ | URL
2007/05/06 22:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/759-e48c4090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop