「南無アッバ」を生きる ホーム » その他 »マタイによる福音書7章

マタイによる福音書7章  

24-27節「それで、わたしのこれらの言葉を・・・・」

聖書は「実践的指導の書」であり、「字面を超えて」わたしたちを生かす「実相の体験を己れのものにしなければならない。」

「このイエスの言葉は、パレスチナの国土を背景として初めて理解されるものですが、行為することによって初めて見えてくる何か、聞こえてくる何かというもののたいせつさを説かれたものといえましょう。」(『日本とイエスの顔』第1章 ことばといのち)

関連記事


category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/721-f6b321ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop