「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »神の子を集める神の子弥生尽  栄一

神の子を集める神の子弥生尽  栄一  

ヨハネ11より。

三月も、はや晦日となる。
午前三時の夜と朝の間で句作する。
アッバに信頼し、静かな祈りの時間を持つこと。

花曇の朝を迎えました。
昼近くなっても、この曇天は変わりません。

図書館の帰りに、満開の桜を見て、これは今日明日で散ってしまうのではないか、と心配になった。

その図書館で、ノーマン・ピール『積極的考え方の力』を借りた。
以下、少しく感想を書きます。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/678-d600ebac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop