「南無アッバ」を生きる ホーム » 日記・音声・小話 »しるしは与えられる

しるしは与えられる  


はっきり言っておく。今の時代の者たちには、決してしるしは与えられない。

マルコによる福音書8


わたしたちが求める「しるし」とは、どんなものだろうか?


目を見張るような一瞬の「しるし」を欲するよりも、

自分の過去を、じっくり振り返ってみよう。


過去と今がどうつながっているか

(切り離されている過去は、ありえない)


あのときの、あの事件、

あの些細な決断や、偶然が

もしなかったら、、、、


今の自分はない。


遠藤さんがくり返し言っていた

「人生に無駄な事は一つも無い」


まずこの言葉に信頼し、

自分を、周囲を

見渡すなら、


すべてが「しるし」となってはいないだろうか。



関連記事


category: 日記・音声・小話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/617-59a0ad8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop