「南無アッバ」を生きる ホーム » 日記・音声・小話 »にもかかわらず

にもかかわらず  



喜び踊りなさい。

天には大きな報いがある。


ルカによる福音書6



モーツァルトのK165、「踊れ喜べ、幸いな魂よ」を思う。


「天」は、死後より、

神の視点でみた、「神の支配」の時。


昨年行われた、晴佐久昌英神父様の川越教会での講演録を読んだ。

まさに講演会当日、ご母堂が亡くなられた。

病魔との壮絶な闘いだった、という。

「しかし」約束どおり、講演会に来られた神父様。


「にもかかわらず」は、デーケン神父様の口癖でもあった。


人生の意味を疑わせるような壮絶な苦しみのなかで、

「にもかかわらず」「福音宣言者」として、

生き抜かれたお母様のこと。


今日の第二朗読、コリント1書。

「復活」を疑う人たちに、パウロは、

「実際、イエスは復活し、わたしたちの初穂となった」と

宣言する。


福音朗読、

「今、

貧しくても、

餓えていても、

泣いていても、

憎まれていても、

・・・・」

「喜び踊れ!」

と宣言するイエス。


現実が、人間的にどう見えようと、

この「にもかかわらず」を

大事にしたい。



関連記事


category: 日記・音声・小話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/616-793a72c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop