「南無アッバ」を生きる ホーム » 日記・音声・小話 »「開く」をめぐって

「開く」をめぐって  

イエスは、「エッファタ」と言われた。これは、「開(ひら)け」という意味である。すると、たちまち耳が開き、舌のもつれが解け、はっきり話すことができるようになった。

マルコ7


今日の福音朗読は、第一朗読とともに、「開く」ということがテーマになっている。


創世記3

・・・それを食べると、目が開け・・・

は、人間の分際を越えること、


・・・二人の目が開け・・・

は、そこで起こる自己認識を、

思わせる。


そして、上記、マルコ7では、

イエスによる心身の解放がうたわれていく。


関連記事


category: 日記・音声・小話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/614-52a6c0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop