「南無アッバ」を生きる ホーム » 日記・音声・小話 »無意味の意味

無意味の意味  

わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。
ヘブライ12


病んだり、不幸にあったとき、それを、「主の鍛錬」と思うことは、
辛い。

しかし、「なぜこんなことが」と嘆くとき、

その災いを、鍛錬として受けとめられる人は、

やはり、強い人なのだろう。



人は何事にも、意味が見いだせなければ、

耐えられない。



その何事にも、意味があるのだ、と

宣言したのが、イエスだったのではないか。



昨日今日、生徒といっしょに第二次大戦の

悲惨な情景を、映像で見た。


あの殺しあいの、

どこに意味があるか???!!!


価値がなくても、

意味があるというのか。。。。。



イエスが、本当に神の救い主であるなら、

その十字架の死は、




無意味の骨頂でなければならなかった。
関連記事


category: 日記・音声・小話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/603-2d0af096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop