「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(2) »「層雲」06-12月号「大江」欄5句

「層雲」06-12月号「大江」欄5句  

秋の給湯室で聞くここだけの話   栄一

校舎の屋根から暮れて暮れ残る歓声

明日死のうと思う靴擦れが気になる

心定まらず風に嗤われる

ひねもす曇天の退学審議煮詰まる

関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(2)

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/565-8ad0efe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop