「南無アッバ」を生きる ホーム » 日記・音声・小話 »神の国はどのように来るか

神の国はどのように来るか  

ルカによる福音17・20-25

イエスは答えて言われた。「神の国は、見える形では来ない。『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」

神の国=支配は、「見える形」=天体観測や律法遵守によって人間の努力で呼び起こされたり、空間的に限定されるものではないということ、また、いつ来るか、と予知できず、突然来るという。

しかし、「あなたがたの間」=単に心の中や精神の問題ではなく、イエスの活動によって、すでに、始まっている=数々の奇跡や病人の癒しなどにおいて。
新約聖書注解参照)


<今日の学び>
神の国が私たちの努力を超えており、かつ、すでに到来しつつあるとすれば、たとえ今、目の前の現実がどんなに悲惨に見えようとも、アッバに信頼して、毎日を丁寧に暮らしたいものです。
関連記事


category: 日記・音声・小話

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/555-664b4828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop