「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(2) »「層雲自由律」にも5年ぶり復帰

「層雲自由律」にも5年ぶり復帰  

86号 06年11月 蒼海集 自選6句

念仏が呪文になっていく秋風

粘る唾吐いて真昼の駅頭

縊死の下見に弁当もって出る

もらった本うしろから読む

サンダル履きで君が代うたってる

うす緑色のみどり児笑ってすぐ神様に呼ばれた
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(2)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/546-db6cdbce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop