「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »エゴイズムからの救い:自己相対化

エゴイズムからの救い:自己相対化  

マタイ5:1-12
諸聖人の祭日。

>そのとき、イエスは群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。
「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。
柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。
義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。
憐(あわ)れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。
心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。
平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。<


逆説ともいえる八つの幸福が示される。

ここに出てくる「人々」は、みなそれぞれに、自分のエゴを相対化した人たちとはいえないだろうか。

ここでも、自己(自我)相対化こそ救い、という聖書の通奏低音を聞くことができる。

>わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口(あっこう)を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。」 <

「わたし(イエス)のため」とは、文脈上、直接には、教会、福音、キリスト信仰を指すのだろうが、しかし、そればかりでなく、あらゆる良きもののために、自分を相対化した--自分の欲求を、そっと脇に置いた人たち、そういう人こそ「幸い」とイエスは言っているように思う。

逆説の八福いただく山を秋空が抱き   栄一
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tag: エゴイズム,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/544-d967d48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop