「南無アッバ」を生きる ホーム » 今日、心に残った言葉 »自然現象と神の国

自然現象と神の国  

偽善者よ、このように空や地の模様を見分けることは知っているのに、どうして今の時を見分けることを知らないのか。(ルカによる福音書12章56節)

イエスの手厳しい言葉が続く。

『略解』は、イエスが「このように認識における二重構造をもつ人々を<<偽善者>>と呼んでいる」とする。

とまれここでは、自然現象と神の国宣教を別次元に捉えようとする態度が批判されているのである。

とすると、われわれ日本人のように、西欧から見れば過剰ともいえるほど、自然現象の中に、様々な人生論的意味を読みとろうする態度は、あながち批判されるばかりではなかろう。

枯れ枝に一声鳴いてたじろがぬ時を見分ける鳥のまなざし   栄一
関連記事


category: 今日、心に残った言葉

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/533-77b74755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop