「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »マルコ10:35-45より

マルコ10:35-45より  

小さな自分を受け入れる今ここに天国の末席

層雲空を覆う今日ここが天国の末席


あちらが主で、こちらが従、頭でわかっても、なかなか本気になれないのが人情ですね。

過去の拙句、

クルス抱く無名氏に憧れてしまう(1991年)

なども、そんなあこがれからつくったものでした。

しかし、そういう弱い「小さな自分」をもアッバは「天国の末席」を用意してくださっている。。。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tag: 天国,アッバ,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/526-4369378b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop