「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »野の花空の鳥に聞くこの国の律法

野の花空の鳥に聞くこの国の律法  

ルカ11:47-54

律法学者やファリサイ派を厳しく非難するイエス。

「信じる」とか「神の言葉を守る」ということが、どういうことなのか、また、その際、陥りやすい律法主義・・・・そんなことを考えさせられる箇所です。

「自然」が最大の律法の教師、と見てしまうのは、わたしが日本人だからでしょうか。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/522-05ea013d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

▲ Pagetop