「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »神の言葉を孕み育てる胎の幸いなり

神の言葉を孕み育てる胎の幸いなり  

ルカ11:27-28
マリアを賞賛する群集に対し、イエスは「の言葉を守ることこそ幸い」と言う。

つまり、アッバへの全幅の信頼に生きなさい--南無アッバ、ということ。


関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tag: アッバ,イエス,マリア,,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/515-f3ff598b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop