「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »アバの指から紅葉する一本の欅

アバの指から紅葉する一本の欅  

ルカ11:15-26
社会でも個人でも、悩ましい事が続くと、この世の根本は善なのか、悪なのか、わからなくなってしまうことがある。
この世も自分の人生も、呪われたものに思えてきて、暗い気持ちになる。

そんなとき、この「ベルゼブル論争」を読むと、励まされます。
少なくとも、イエスがこの世に活動し出して以来、どんなに不幸に見えることがあっても、根本にあるアッバの愛は変わらないこと、保証されているということ、そして「神の国はわたしたちのところに来ている」ということに。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/514-5bb50201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop