「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »晴れて曇って秋が祈る

晴れて曇って秋が祈る  

ルカ11:1-4
お弟子たちに祈りを教えるイエス様。
ユダヤ教の伝統でも、洗礼者ヨハネが教えたものでもない祈りを、イエス様は教えます。
それは、「アッバ(おとうちゃん)・・・・」から始まる独特な、それまでにない短い祈りでした。

おそらくこの祈りを聞いて、あまりの奇抜さと短さに、お弟子たちは正直、驚き、戸惑ったのではないでしょうか。
しかし、祈りは言葉数ではない、ただただ「アッバ」と呼べる神にすべてをお委せし、信頼することなのだ、これがイエス様が命をかけても伝えたい教えだったのだと思います。

そして現代、井上神父は、このイエスの御心を「南無アッバ」という、さらに短い祈りに凝縮しています。



関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tag: イエス,井上神父,アッバ,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/511-d3a211fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop