「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »毎日の聖書朗読から発想する自由律俳句を祈りとして書きとめていきます

毎日の聖書朗読から発想する自由律俳句を祈りとして書きとめていきます  

必要なことはただ一つ今日は青空に聞く(ルカ10:38-42)

使徒言行録
コルネリウス、ペトロを招く雨本降り   10章/9/13 
イエスの道キリスト者と呼ばれて一週20度下落   11章
ペトロの不思議な救出親王悠仁様と命名す   12章
パウロ、キプロスに着く雨上がって虫の音   13:5/14 
民衆を励ますパウロに虫の音あまねし   13:15/15 
天からの恵みを過ぎた雨が止む   14:15/16
使徒会議へ向うパウロの心台風が来ている   15:3/17
使徒会議より始まる世界伝道台風去る   15:35/18
パウロの思惑こえた宣教旅行きょうは暑くなる   15:36/19
パウロがテモテを連れて行く仕事まだまだ終わらない   16:3/20
聖霊が邪魔する道もある秋夕暮れ   16:6-7/21
秋分の主が心を開かせる南無アッバ   16:14/22
草取りに余念なき看守と家族の回心記   16:33/23
抜けるような青空を匿われつつパウロが行く   17:7/24
ベレアからアテネへ秋風淋しくも爽やかに   17:10-15/26
集団が苦手な子らへアテネで示すパウロの神   17:24/29


   
エズラ記ギリシア語
捕囚解かれた民が見上げる秋曇天   5章-9/13 
神殿の棟上ラッパ鳴り響く今朝も雨   5:59-/14
工事協力断る民のはっきりしない天気が続く   5:67-/15 
ダレイオス王下神殿完成秋寒し   7:5-/16
エズラ喜び都に上る静かな夜明け   8:3-/17
エルサレムに帰還する台風の爪痕   8:60-/18
不法行為にエズラが嘆く久しぶりの青空   8:69-/19
異民族を追い出すエズラ台風一過の蒸し暑さ   9:39-/20
聖なる日の喜びが秋風の涼しさ   9:53-/20
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tag: キリスト教,俳句,聖書,イエス,キリスト,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/505-f44be780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop