「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »ぽえむ・ぱろうるはつぶれていた!

ぽえむ・ぱろうるはつぶれていた!  

夏休み最後の外出になるか。
池袋リブロぽえむ・ぱろうるへ行った。が、3Fのどこにもなかった。
店員に聞くと、「4月で閉鎖した」由。。。う~ん、そういえばどこかで聞いたような気がする。がっかり。。。。

気を取り直して、1F文芸売り場へ。
俳句で総合誌を自分で買ったことは、ほとんどないが、「短歌研究」「現代短歌」の9月号が出ていたので、パラパラめくる。

巻頭連載に、加藤治郎の「モドレ」が面白い。思わず買った。
同じ連載作品に、藤原龍一郎--この人は、俳句同人誌「」でいっしょなので、面識はないが、名前は憶えていた。

今、短歌が面白くなっている。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tag: 短歌,短歌研究,現代短歌,加藤治郎,藤原龍一郎,,俳句,リブロ,ぽえむ・ぱろうる,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/488-3acac51b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop