「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »キリスト教短歌

キリスト教短歌  

  ヨハネ6:54
イエスの血イエスの肉が永遠の命の糧と宣べし魚屋   栄一

  集会祈願
東風北風の交わる所アッバ居りイエスはボクのガリラヤに居る

  記念日
言祝ぐや天の元后聖マリア母知らぬ子の思いは遥か

  信を問われて
南無の心の他に信者の印なし喜怒哀楽は誰でも同じ

信仰を持ちても悲喜は交々に只事ある毎の南無アッバ


最近読んだオススメの本。
風の扉
風の扉
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.23
夏樹 静子〔著〕
角川書店 (1993.11)
通常1-3週間以内に発送します。
夏樹静子=サスペンス作家、というと、謎解きばかりが強調されそうだが、この作品は、事件の実態は推測しやすい。
それは、今や脳死移植という言葉が一般的になったという事情もあるかもしれない。
が、この作品の主眼はそこにはない。
むしろ、こんなことが日常的になったら、人間はどうなっていくのか??という想像、危機を訴えている、哲学・宗教的問題を提起している。
驚くべきは、発表から26年も経つのに、全く古さを感じさせないこと!
これは、夏樹の他作品にもいえる。一種の普遍性を持っている。だから面白い。「滝子」と「典代」の墓参場面に圧倒される!!
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tag: イエス,短歌,アッバ,キリスト教,キリスト,聖書,栄一,南無,マリア,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/487-256ab80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop