「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »「余白の風」第126号-p.10

「余白の風」第126号-p.10  

[428] RE:求道(ストレス)詩歌 Name:栄一  Date:2006/08/18(金)
不思議ですよね。組織といえども、もとは個々の人間の集まりなわけで。。。それが個々人の思いを超えて、あらぬ方向に向ってしまう。。。。
最近、靖国問題や中国や朝鮮半島との摩擦などの話題から、いろいろ疑問が湧いてきます。
まさに「切りつけたい」何かがある。。。

イエスの十字架も歴史的には、ユダヤ当局組織による集団圧力の結果とも言えるし。

[425] ピッタシ!:栄一  Date:2006/08/17(木)
過ちの重さを胸に聞く福音「ゆるす、生きよ」と確かに言えり(マタイ18:21~19:1)

それこそ、別スレの万梨さんじゃないけど、今朝はぼくもびっくりしました。
今の自分の課題にこんなにぴったり答えてくれる福音箇所に出会ったのは、久々です。
神に感謝!

[422] :末子(ハガキ)  Date:2006/08/17(木)
蜩や夢たちまちに飛び去りて

初蝉の一声あげてとらえられ

朝顔の短き命八時頃

朝顔の写真三日でフィルム出し

昼も夜も悲しく聞こゆ蝉時雨

絵手紙がまんがになってる夏終り

箴言に頭上がらぬ秋初め


[423] RE:栄一  Date:2006/08/17(木)
もう夏から秋の移行期なのですねー。もの悲しい季節が始まっている。連作によって、その雰囲気がよく伝わってきます。

[419] うれしいこと:万梨:2006/08/16(水)
白蓮や黒き水面の魔力かな

神の働き……本当に不思議だなぁと思いつつもその力を強く感じます。
数ヶ月前、電車で偶然出会ったおばさんにもう一度カフェで逢う機会があり、よく話してみると、詩人の方で、私の作品を気に入ってくださり、パネル展示する機会をくださったのです。偶然に偶然が重なった出来事でした。神の働きの結果ですか?

[420] RE:うれしいこと Name:栄一  Date:2006/08/16(水)
それはすばらしいことですねー!
短詩形世界は、常に新しい精神を求めています。
求道俳句会としてもうれしいことです。
どんなパネル展示なのかな?
神の働き--隠れているもので顕にならないものはない(マタイ10:26)を思います。
偶然の出会いが、後からアッバのお導きであったと思える瞬間があるものです。
おめでとう。

[418] 知足:栄一  Date:2006/08/16(水)
人生は神の場アバの作品と思えば焦り少しく失せり

『エフェソの信徒への手紙』2章10節からです。
「神の働きの場」としての人生、というのは、井上神父がよく言われることで、近年ではあわせて、「神の作品」を強調されています。
このことを黙想していきますと、「場」であり「作品」ということは、私たちの人生は、自分たちが自力で切り開いていく、というより、神の働きの結果として今在ることなんだなあ、と思います。
あれもしなくちゃ、これもしたい、とつい焦りが出てしまう私たち(私だけかな?)ですが、このことを度々思い起こすと、心が安らぐのです。
今在る自分に充足すればいい、、、仏教では「知足」といいます。

[415] ごめんね:いう  Date:2006/08/15(火)
何もしてやれずに不平の猫を抱く

[417] RE:栄一  Date:2006/08/16(水)
ゆっくり抱いてやるのが、一番の猫ちゃんなのでしょう。
うちなんか、抱こうとするそばから、いつまでたっても逃げちゃいますよ。
猫の種類?性格?なのかな。バラエティがあるものですね。
でも、かわいいのは、同じですが。。。。

[414]:末子(原稿):2006/08/14(月)
去年に比べて蝉が減る
腹を見せてる踊り場の
羽をつまんで外に出す
みんみん蝉は惜しかった

夜中に蝉と秋の虫
ごっちゃになって眠れない
関連記事


category: 求道詩歌誌「余白の風」

tag: 生きがい,イエス,キリスト教,短歌,井上神父,アッバ,聖書,キリスト,俳句,栄一,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/484-38461bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop