「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »気がつけば夏足元に転がれり

気がつけば夏足元に転がれり  

http://plaza.rakuten.co.jp/zazenneko/diary/200506080000/
こちら日本も、入梅でしょうか。

ガリラヤの海辺を行くイエス
井戸の傍にたたずみ、サマリアの女に水を求めたイエス
足を洗う水が出てこないのを皮肉った、おかしみのイエス

どのイエスともいっしょにいたい。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tb: 0   cm: 1

コメント

湿度

こちらも湿度が高くて、べたべた、だらー、です。(^^;)
挙げられた3つのシーンのイエス様、情景が浮かんできますね。なんていうか、本当に「人間」でいらっしゃったんだなー、とありがたくもうれしいような。
こちらもトラックバックいただきますです。

いう #dfWVfM6A | URL
2005/06/10 01:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/47-86bac5b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop