「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »日本人と欧米人の自然観

日本人と欧米人の自然観  

http://plaza.rakuten.co.jp/zazenneko/diary/200506070000/
いうさん、面白いですねー。
そうすると、改めて欧米の人たちにとって、自然というのはどういう意味があるのかな??なんて、思います。
「自然の懐に抱かれたリゾート地・・・・」なんてコピーがよくありますよね。
そのあたりはどう感じられるのだろうか?
それから、イエスの「ごらん空の鳥、野の百合・・・・」なんかはどうでしょう??

どんどん興味と疑問がわいてくる。。。
また教えてください。
(といって、あまり「旦那君」にしつこく問いかけないように、嫌われちゃうからね 笑)
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tb: 1   cm: 2

コメント

追伸:いうさん<この記事に、勝手ながらトラックバックさせていただきましたー。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2005/06/08 18:22 | edit

ああ、ありがとうございます(^^;)
なんだかまとまらない、だらだらとした文章で、結局自分のもやもやをぶつけているだけなのですが・・・。

でも、わがままでがんこなのも、考えるきっかけになっていいかな、とポジティブ・シンキングするようにしています。

いう #dfWVfM6A | URL
2005/06/10 01:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/46-b9fba3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HaikuTunnel3

「それくらい自分にも作れる」・・・。新聞記事にそれを読んだとき、何か共通した問題があるような気がしました。その俳句には、その俳人でしかできなかった表現、17文字にこめられた万感の思いがあったはずです。それが、詩の翻訳には限界があるとはいえ、「自分にも作れ...

座禅猫 | 2005/06/10 01:40

検索フォーム

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

▲ Pagetop