「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »今日の秀句

今日の秀句  

名がついて赤ンぼう来る人ごとに抱かれている   大越吾亦紅

S33。私が生まれた頃の作ですね。
あの頃は、とくに少子化ではなかった。

この頃はまた、とくに少子化対策が叫ばれています。
特殊出生率が、また、最低記録を更新した由。
あのお派手な「担当大臣」様も、「日本人の働き方に問題がある」との指摘、もっともだと思う。

残業一切禁止令、とか、もっというと、1日8時間じゃなくて、5時間労働制にしたらどうだろうか。。。。GNPは下がって、全体に貧しくなるだろうけど、心はお金ではなく、別の方向に向くんじゃないかなあ。。。夢のような話。

それにしても、少子化は日本の職場や働き方に大きな要因はあるにしても、根本は違うんじゃないかと思う。
tidori

はっきりいうと、「子育てに対する喜び・楽しみ」を若い世代が、昔ほど当たり前に望まなくなったのではないか、と思うのです。
これは、晩婚化ということとも関係します。

結婚や子育ては、苦労がつきもので、その向うに楽しみがある。
即楽しみじゃない。

そういう「苦労付きの楽しみ」を、国民全体が急激に回避するようになったんじゃないでしょうかね。これは若い世代だけの問題じゃない。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 4

コメント

竿竹売りの声に目覚めて少し泣き

「赤ちゃんを見に来ましたよ」といふ人の手に一枝の梅の明るさ

次次と優しき腕にいだかれて置かるることなき吾子の午後かも

竿竹売りの声に目覚めて少し泣きやがてすぐにも子は眠りたり

子がその歯に噛む初めてのビスケットかりかりともさくさくとも聞こゆ

雨の日は小さき家に吾子とゐて明るき雨の音聞きてをり

つい13、4年前の風景です。
笑ってしまいそうな昨日、今日の暑さです。

名がついて赤ン坊来る人ごとに抱かれている

返歌?と言えるかどうか分りませんが、以前作った歌を思い出しましたのでお返事しました。十数年経っていますが忘れないものですね。

森野ひかり #- | URL
2006/07/15 12:50 | edit

ご返歌ありがとうございます

ぴったしの返歌ですねー!
赤ちゃんが愛されている情景が目に浮かびます。
さすがの短歌、長くやられていた成果が見えます。

こう見ても、自由律俳句は短歌と定型俳句の中間形態との思いを深くしています。

PS:吾亦紅は、師荻原井泉水が、「層雲の北斗星」と呼んで、激賞していた東北の俳人です。

栄一 #oBO5MkqQ | URL
2006/07/15 17:03 | edit

試金石

吾亦紅への返歌ということになるのでしょうか・・・。「層雲の北斗星」と呼ばれていたのですね。

「短歌と定型俳句の中間の形態」としましたら、何か許されているようでほっとします。
高校3年の修学旅行の時からですから、本当にちょうど30年です。長い間、旧仮名文語体で作っていましたので(結社の決まりで)現代がな口語体には新しく挑戦することになります。自由律は、旧仮名文語でもいいのですか?
5・7・5でなくても無季でもいいんだよ、と云われると、自由に与えられたお休みをどう使うか、どこへ行って何をするか、どこへも行かないで何をしないか(?)、が問われるような、もっと云うとその人がどんな人か一句にぜ~んぶ表れてしまうような、試金石みたいな気がします。

森野ひかり #- | URL
2006/07/15 17:29 | edit

なるほど、

試金石とはうまく言ったものです。
そう、自由律が広まらないのは、たぶん、全部透けて見えてしまう、ってことがあるかも、です。

歳時記も使わないし、長さも自由。
「自由の不自由」を感じることもあります。(これは拙著『俳句でキリスト教』にも書きましたね。)
でも作り方によっては、無限のバラエティがあります。
そこが魅力。

正岡子規は、言葉の数理的な組み合わせから言って、定型俳句は近いうちに滅びる、と予言しました。
もちろんそれは、あたりませんでしたが、もしここで、自由律を俳句と認めていけば、無限の可能性へ再び、ということもあるでしょう。

かな使いと文語口語のこと--
わたしは、定型時代は新かな・文語で作っていました。
しかし文語は、現代完全に使いこなせる人はほとんどいない、とは、五行歌の草壁焔太氏の弁。

「層雲」では、現代は新かな・口語がほとんどです。
http://blog6.fc2.com/y/yohaku5/file/souunn-7034.jpg
戦前の作品には、旧かな・文語もありますが、口語俳句の推進と自由律は密接に関係していますので、多くの作家が早い時期に口語に移っています。

  陽へ病む

という、史上最短の俳句を書いた大橋裸木という作家は、最初から口語でした。

いずれにしろ、季語を突っ込んで、あとはよろしく~ってなことができない厳しさはあります。ってか面白さかな。。。

栄一 #oBO5MkqQ | URL
2006/07/15 18:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/448-831b66e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop