「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(4) »偽善

偽善  

 何事につけ、「それは君のキリスト者としての信仰によるものか?」と問われて、容易に「そうだ。」と答える気にはならない。

なぜなら信仰とはそういう感覚で云々できるものではないからだ。

もし、「教義や聖書にこうあるから、自分はこう発言し行動するのだ。」などと明確に答えるキリスト者がいるとすれば、わたしはそこに偽善をすら感じるだろう。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(4)

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/435-dfc712fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop