「南無アッバ」を生きる ホーム » 福音と自由律 »飲む

飲む  

  復活の朝十二使徒コーラ一気飲み  平田 栄一

 二千年前の「十二使徒」が、あの「コーラ」を「一気飲み」するわけはないはずで、ずいぶんふざけた句だとお思いの向きもあるかもしれない。

 しかし、「復活」をはじめ、十字架やその他福音書に書かれたことを、すでに終わってしまったこととしてはキリスト教は考えない。

先日亡くなったマザー・テレサも、現存する貧しい人たちの中にイエス自身を見ていたし、毎日世界中でささげられるミサの聖体はパンの形をとったキリストの体なのである。

 いわば<聖霊の同時性>によって、過去・現在・未来の生者・死者は交わりに招かれている。
関連記事


category: 福音と自由律

thread: 雑記

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/425-93dfd581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop