「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »見よ、使者が来るバラバラの私を束ねるため  栄一

見よ、使者が来るバラバラの私を束ねるため  栄一  

 現代は価値観の多様化の時代とか言われていますが、そこに生きるわたしたちの現実は、時々の流行に翻弄され、結局ほんとうに納得できる価値観を持てずに、右往左往している毎日なのでは?

つまり「私」の意識は「バラバラ」に引き裂かれ、葛藤を余儀なくされている・・・・。

この分裂した「私を束ね」てくれるものがあるのでしょうか?
それは、心から信頼できる友人や恋人でしょうか?
それとも人間を超えた方?

いずれにしろそうした人に出会ったなら、「私」にとっては神様からつかわされた「使者」のように思えることでしょう。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

thread: 信仰・希望・愛

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/416-858595d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop