「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »失業者と認定された朱印です寒いぞ  浅沼 参三

失業者と認定された朱印です寒いぞ  浅沼 参三  

 長引く不況。肩書き社会の日本では、金銭的な不安もさることながら、どこにも所属していない、フリーであるということの不安もあります。

もっとも最近はあえてフリーを選ぶという人もいるようですが。職安で「失業者と認定され」「朱印」を押された書類に自分の名前を改めて確認したとき――「寒い」!前の会社で、「オレがいなければウチの会社は成り立たない」ぐらいに思い込んでいた自分――今はダダの人になってしまっている自分。

でもそこから新たな自己発見の旅が始まるかも。
 
  失業中きのうと同じカーテンの位置  栄一
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

thread: 只の日記つかメモ。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/410-dde7a9d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop