「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(4) »神の子イエス・キリストの福音の初め。

神の子イエス・キリストの福音の初め。  

 新約聖書にある四つの福音書のなかで最も古い『マルコによる福音書』はこの言葉で始まります。

キリスト教と言えば、「イエス・キリストに対する信仰」のことを指すことは誰でも知っているでしょう。

しかし、イエスが神の子であるということ、またキリスト(救い主)であるということをどうして信じたのか、と問われると、誰にでも納得してもらえそうな答えを探しだすのは至難の技なのです。

〝復活とか奇跡とか・・・・この科学万能の時代にそんなこと本気で信じてるの?!〟「なぜ受洗したか」という問いの裏にこんな気持ちが見え隠れすることもあります。

少なくとも一つ言えることは、復活や奇跡が証明されたから、だからイエスを信じたのではない、ということです。

むしろことは逆で、イエスの人格を信じたから復活も奇跡も信じたということです。

それにしても、ではなぜイエスの人格を信頼できるのか、そこのところは説明できないまま残ります。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(4)

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 1

コメント

神の計画

はじめまして。神の計画という聖書解説シリーズをアップいています。よろしければ相互リンクをお願いできればと思います。
ご訪問下さい。ご意見をいただければうれしく思います。

gakutyan #- | URL
2006/06/26 22:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/378-537afde0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop