「南無アッバ」を生きる ホーム » 井上神父の思い出 »単純な福音

単純な福音  

うん、けっきょく、イエスの福音は、難しいものでもなんでもなかったんだと思います。

5世紀以降に編集された、今の聖書に、慣れてしまっている私たちは、あの膨大な、2千ページにも及ぶすべてを、知り、守る?ことが、キリスト教のように、思いがちですが、そうじゃない。

そもそも、イエスの福音に耳傾け、救われたのは、「罪人」とされた、律法をよくは知らない、いや、知っていても、実行できない、貧しい人たちだったわけで--。

そういう人たちが、ハーッって食いついたのが、「福音」だったのですね。

つまり学者のように、「あーかもしれないし、こーとも言える」ってんじゃ、福音にならないわけです。
関連記事


category: 井上神父の思い出

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/351-796dfaa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop