「南無アッバ」を生きる ホーム » 井上神父の思い出 »遺言のように

遺言のように  

そんなこんなで、落ち着いて講演や説教を聞いている余裕はなかったのですが、放送設備を前に、香部屋で聞くミサ、というのも、悪くありません。

ときどき、感心したところで「南無アッバ!」、そうだなーと思ってまた「南無アッバ!」と、口ずさんでいました。

今、車の中やパソコンに落として、その音を繰り返し聞いています。

今回のミサでも、またNHKの「すべては風のなかに」でも、最も強く感じたことがあります。

それは、いよいよ井上神父が、ご自身の思いを、ストレートに、またわかりやすく、言い切っているということです。
関連記事


category: 井上神父の思い出

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/341-1c6e8155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

▲ Pagetop