「南無アッバ」を生きる ホーム » 井上神父の思い出 »彷徨

彷徨  

振り返ってあまりに近い遠い過去   堀切博昭

20代の彷徨が今でも昨日のことのように思い出せるときがあります。

あの頃は苦しかったなあ、という感覚はもちろんありますが、あの頃からずっと変わっていないなあ、という部分もあるように思います。

どの感覚が本物か、自分でもよくわからない、という感じですが。

ふと忘れ物したような春の疲れ   泉沢英子

何かやり残している、という感覚は始終ですが、何事も
---南無アッバ---の心で行きたい。
関連記事


category: 井上神父の思い出

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/331-3ed82b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop