「南無アッバ」を生きる ホーム » 井上神父の思い出 »初校

初校  

これは異例の速さです。つまり1年先の出版なのですから。。。

このあたりの事情は、、、、??

そしてもうすぐ、推敲が終わります。。。あと数ページ。

そろそろ「あとがき」を考えねばなりません。

その場合、ちょっと気になるのが、執筆時期の経過の問題です。

この第一部の連載を始めたのは、今から数年前ですから、大げさに言えば、神学状況が変化している可能性がある。。。

しかし、およそ井上神父の神学--アッバ神学は、表現が微妙に変化しているものの、骨格は不変です。

これは、今回の連載をしてみて、はっきりわかったことです。

----南無アッバ----

昔、まだそれこそ受洗前後、井上神父がいらした目白のカテドラルによく通いました。
1980年から数年くらいです。

そのときは、たいてい前もって井上神父の本を何か読んでおくのです。

なんせ、一対一で、当時無職(会社を辞めて就職浪人中)だった、なんでもない一青年のために、わざわざ時間をとってくださるのですから。。。
関連記事


category: 井上神父の思い出

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/324-65af4bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop