「南無アッバ」を生きる ホーム » 井上神父の思い出 »あれから20年

あれから20年   

いよいよ、「風の家」20周年記念ミサが行われます。

私の受洗が、「風の家」設立より前5年、つまり今年は、受洗25周年ということになります。

そういうわけで、私にとっても今年は、記念すべき年なのですが、井上神学をめぐる話を、これから少しずつ語っていきたいと思います。
-------------
まずは、卑近なところで、私の仕事にかかわる部分から--

井上神父主宰の「風(プネウマ」誌に連載しています、「井上神父の言葉に出会う」その「第一部」を大幅加筆・訂正したものが、実は、来年、聖母文庫として、出版される予定です。

このことは、公言するのは、ここが初めてです。

来年の出版予定なのですが、実は早くも、すでに「初校」が、とっくに来ています。

一般的には生原稿から初校までは、版組がありますから--といっても今はCDやFDなどの電子媒体があるので、やろうとすれば早いですが、普通は、出版予定のせいぜい半年前くらいに、送られてきます。
関連記事


category: 井上神父の思い出

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/323-411657a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop