「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »自由律俳句の秘法?まず、2つ。

自由律俳句の秘法?まず、2つ。  

裏口へ陽がきているやっぱりふるさと   秀策

CIMG2619.jpg「やっぱり」は口語で、山頭火風。

①上句で目前の情景を写生、下句へ感慨をこめる手法。

一応「きている/やっぱり」と切れるが、「きている」が「やっぱり」を飛び越えて、「ふるさとに」かかる②一句一章的二句一章の作り方です。
自由律俳句とは何か / 上田 都史
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/315-a9c8ecee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop