「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道俳句一言 »過去はみな摂理と覚ゆ夏籠(なつごもり)

過去はみな摂理と覚ゆ夏籠(なつごもり)  

夏籠=夏の間、僧が一定の場所で修行すること。
関連記事


category: 求道俳句一言

tag: 悲愛のこころ,アッバを呼ぶ,「余白の風」,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/3066-543e85a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop