「南無アッバ」を生きる ホーム » ツイッター記事 »04/07のツイートまとめ

04/07のツイートまとめ  

yohaku5

@yomutokaku 少し読む、度々読む
04-07 10:57

RT @mitakaforest: 『愛したいのに愛せない』『赦したいのに赦せない』・・・「・・・にもかかわらず」を可能にするのは、「アッバの御手から頂き直す」という心のステップのみ。 https://t.co/piaJFC4ODI
04-07 11:00

RT @201yos1: 私が主幹として企画した特集「開かれたスコラ哲学」が掲載されているNyx第4号は、版元である堀之内出版で、既に在庫切れとなっています。スコラ哲学の多面的な魅力を知ることができる稀有な書物となっていますので、御関心のある方は、早めに入手されることをおすすめ…
04-07 11:00

RT @201yos1: 分からない箇所だらけであっても、とにかく一度通読しておくことによって多大な力を与えてくれる書物がある。その後の人生において、分からなかったその書物の或る箇所に自ずと手が伸びて多大な洞察が与えられることがあるからだ。一度目を通しておかなければ、そうした「…
04-07 11:01

RT @yomutokaku: 石牟礼道子さんが亡くなってから熊本に行く機会がなかった。先日、水俣の相思社と石牟礼さんが眠る真宗寺に行った。納骨堂の近くには「俱会一處」と書いた石碑があり、横に美しい桜の花が育っていた。石牟礼さんだけでなく、彼女に言葉を託した人と「一處〔処〕」で…
04-07 11:01

RT @yomutokaku: 熊本に行く機会がなかった、というのは偽りで、石牟礼さんがいない熊本に行って、亡くなったのを改めて感じるのが嫌だったというのが本当だ。追悼文を10編書き、追悼の会で講演をし、追悼詩集を出してみたところで状況は変わらなかった。でも、今回の桜は特別の出…
04-07 11:02

RT @tomoshibi_undou: 4/4 今日の「心の糧」はシスター山本久美子さん(聖ヨゼフ修道女会)の「わたしの支え」です 何の希望もないと感じる時でさえ、思いもよらない人に出会って、小さな親切を受けたり、励まされたり。時には、目を上げて、心を開いてみると、必…
04-07 11:02

RT @yomutokaku: 書店に行って気がついたのだが、日本仏教界は、宗祖の言葉を読むのに忙しくて、宗祖が根本経典だとしたものの読み解きに、あまり多くの時間を費やしてこなかったのではないだろうか。法然、親鸞、一遍に関する書物の多さに対し、『浄土三部経』に関する書物は比べも…
04-07 11:03

RT @yomutokaku: ティク・ナット・ハンを敬愛するのは、彼が、容易には抑えがたい怒りとの闘いを経たところで、慈悲を説くからだ。彼の言葉が信用できるのは、どうしたら悟れるかなど、けっして説かないからだ。むしろ、どうしたら世界に遍在する悲しみと嘆きを分かりあえ、分ち合え…
04-07 11:03

RT @201yos1: 4/13(土)よりNHKカルチャー青山教室で開講する「キリスト教入門」は、何の予備知識も必要としませんが、かなり深い所まで話を進めていきます。全六回受講すると、巷に出回っている『キリスト教入門』といった書籍を読むよりも遥かに深く広くキリスト教の本質を知…
04-07 11:04

RT @yomutokaku: 極めて重要な指摘。ほんとうに「ヴィジョン」が必要だ。現代では、様々な事が、場当たり的で、ヴィジョンを「あとづけ」する。こうした風潮のある所には、必ずといってよいほど利権と保身がある。「ヴィジョン」の共有なき協同はあり得ない。困難のときこそ、「ヴィ…
04-07 17:04

関連記事


category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/3059-55273bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop