「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »教会のある風景

教会のある風景  

大阪・島一木

教会の芝生を木の葉散り走る

初しぐれ十字架にきて傘もたず

聖堂の案内をする木枯しに

木の葉髪はらりと長し聖歌集

教会を出て冬山に向き歩く


*日本の結婚式の半分以上がチャペル式だそうで、「教会」という建物、風景は、お「寺」と同じくらい日本には定着しているようです。

きっかけは何であれ、「イエスって誰?」といった興味を持つ人が出てくれたらうれしいですね。
関連記事


category: 求道詩歌誌「余白の風」

tag: 第236号,
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2990-d6d8bffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop