「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »いい子になれない子も親も神のいとし子

いい子になれない子も親も神のいとし子  


関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 2

コメント

我が子ってかわいいですよね。

不思議ですね。子どもが苦手のはずだった私が、母親になってみますと・・。成人した我が子の顔が、いつまでも幼い日の顔と重なって、つい「○○ちゃーん!」などと、子ども扱いしたくなって、迷惑がられるのです。
こんな、五十オバハンの顔も神さまは「幼な子」として見てくださるでしょうか。私、神さまから「△△ちゃーん!」と子ども扱いされたら、とても嬉しいのですけれど。

色鉛筆 #- | URL
2006/05/07 00:59 | edit

まったく

そのとおりですねー♪
ぼくも息子たちが危なっかしくて、つい小言めいたことを言ってしまうのですが、アッバから見れば、同じ問題児。。。でかつ、愛しい子供なんだなーと最近感じています。
ありがとうございます。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2006/05/07 06:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/287-c360361e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop