「南無アッバ」を生きる ホーム » ○著書 »平田栄一エッセイ詩集2『やわらかな生き方』

平田栄一エッセイ詩集2『やわらかな生き方』  

(1996年 サンパウロ)

著者は、高校教師として、長年、受験や進路指導を担当してきた。若者たちが抱えている諸問題にスポットを当て、聖書的発想に立って説教調ではなく、わかりやすく、簡潔な詩的文体でまとめた生き方のヒントを収録したものである。

「高校教師として若者に接し、その悩みに共感を覚えてこられたことを実感させられる本です。短いエッセイの中には、自分を厳しく見つめ、上のものを求めて来られたことが伺われます。若い人に向かって語られた生き方のヒント集です。」(ホームページ「月評」評より)

114頁 本体価格932円 ISBN4-8056-8710-X

<作品抜粋>



はじめから

こうと結論がわかっていても、

そこを通らなければ

どうしても合点できない

まわり道があります。



人生の味

これから将来に向かって有利な資格は?

有望な仕事は? と聞いてくる

若いあなたは、

ストレートに歩む人生ばかりを

夢見てはいませんか?

将来を見越し、先取りして

安心したい気持ちはわかりますが、

遠まわりすることをおそれてはいけません。

あっちにつまずき、こっちにつまずき、

むしろ、だれもが、どこかで

遠まわりせざるをえない、

また、そうしなければわからないのが

人生なのです。

その味わいを大切にしましょう。

関連記事


category: ○著書

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2837-a5341f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop