「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 求道詩歌誌「余白の風」 »求道俳句誌「余白の風」第226号 2017年5月発行

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

求道俳句誌「余白の風」第226号 2017年5月発行  

俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。


会員作品とエッセイ *選評

八王子・F・井上
カタクリの祈るかたちに魅せられて
痛みまた恵みとなりし南無アッバ
十字架の道ありがたく有りがたく
過越していただく命南無アッバ
後なんぼ大切になる南無アッバ

*②③ご親族やご自身の病、老いを真摯に受け止める姿が清々しい。「十字架の道」はけっして滅びの道ではなく、再生の道、再会の道であることを、主は証明されました。

練馬・魚住るみ子
紅梅にぽつり二輪ひらき初め咲き盛りゆくくれなゐぞ濃き
雪山に消えしいのち生命よ南無アッバ アッバ アッバ祈るのみ南無
愛用の手さげ失せたり南無アッバいきさつなべて覚えずありぬ
  『風の道』
復活節の今宵を君の額づけるパドヴァなる聖アントニオ教会

*②若き貴重な命が失われた事故。ご本人たちの無念と親御さんの悲しみは測り知れない。①同時期、新しい命が同じ自然のなかで育まれている。

名古屋・片岡惇子
囀りや目覚めよと声近くなり
生き様に残るものなし雪解川
残雪や解けたる傷は主のこころ
あなたの他行く道なきや四旬節
生かされて草餅美味しミサの後
復活祭古き衣を脱ぎきれず

*②「復活とは、神の懐に蘇ることだから、そういう切り口で考えるならば、神様の記憶に残っているというほうが、たしかなものかもしれない。・・・私の生きた証しも神様の中に残るということだと思えます。」(井上洋治『我等なぜキリスト教徒になりし乎』)九七頁)

豊田・佐藤淡丘
山おろす花となりけり山桜
葉桜や風を呼ぶさへあどけなし
乾坤や花の一撃目が眩む
白れんや天の蝋燭消さず待つ
遠目にも手招く辺り若葉摘む

日の出の時刻がお正月の頃から比べると、一時間程早くなりました。「会神の丘」への切り通しも足の下から明るくなり、ひとり祈る秘密の場所。ここも折からの曙光に照らされ、身震るいするほどの「しじま」を与えて下さいます。五体投地の我に囀りが被さります。アッバ・アッバ・南無アッバ

*とてもよい季節になりました。②花が散った後の「葉桜」が「あどけなく」初々しく感じられます。寒い世情と裏腹の自然に慰められます。

大阪・島一木
春立ちぬ讃美の声の湧き立ちぬ
十字架はひかり鶯けきよと鳴く
教会の名もなき草として萌ゆる

*①「立ちぬ」のリフレインが、新しい年度への期待を膨らませます。②あの「十字架」がなぜ「ひかり」なのか、そこがキリスト信仰のミソです。③名は消えて仕事は残る春の暮 栄一

昭島・新堀邦司
身の内に恙ありけり春遅々と
春二番三番相模は風の国
鎌倉に花を咲かせて基吉忌
今日からは残る寒さと呼ばれけり

*①「恙ない」に越したことはないけれど、アッバの業は「恙ある」時、所にこそ顕著に働く、という信仰。「私は弱い時にこそ強い」(二コリ一二・一〇)

高知・赤松久子
気がつけばアッバの恵み風薫る
聖五月おみ風さまよおいでませ
ち小さき街囲む山々春霞
原発は狂気の沙汰よ春の月
黄砂去り青き山々甦へる

*①そう、私たちはつい「アッバの恵み」を忘れてしまう。そんなとき草花や「風」が気づかせてくれます。②「おみ風さま」に導かれた井上神父の「風の家」も、発足三十一年目となりました。南無アッバ

東京・富山紗和子
年重ね晴耕雨読の時を得て「ありがたきかな」の言葉もれくる
きさらぎの小さき庭に光みち寒咲花菜ふきのとうつむ

*①これまで一生懸命生きて来たからこそ「晴耕雨読」が「ありがたい」。

蓮田・平田栄一
十字架の果てにおみ風薫りけり  ヨハ一六

イエスの苦難の死を通して、わたしたちに注がれる神さまの息吹=聖霊を、井上神父は「おみ風さま」や「守導者」などと造語した。勧善懲悪の恐い神でなく、どこまでも赦す神アッバ。そのまなざしは、おみ風さまにより、時間と場所をこえてわたしたちに届く。


平田講座要約(第四六回)2014-3続
(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)

ご遺体と半日いっしょにいて――暖かな一日でした――帰途、わたしはバスで目白に出ず、目白坂をてくてく降りて江戸川橋まで歩きました。風景はかなり変わっていますが、三十年前のことが懐かしく思い出されました。

求道の一心で、あの坂を汗だくになりながら登って行った夏の暑い日。個人的に初めて井上神父に会ったのが、あのカトリックセンターでした。そこでひとしきり、神父の本を間にして、いま考えたらもったいないような個人レッスンを受けたのでした。

問答が終わると、たいていは神父の方から「ところであなた、今日これから予定は?」と聞いてくださり、二人で目白坂を居酒屋へ下りて行くのでした。

最後は苦しまずに逝ったらしいと、四年前に私の父が同じ時期三月六日に逝ったときと同じ思いで安心していたのですが、お葬式に行って、カテドラルの最前列で、直接町野さんから聞いた、井上神父の最期は実は、つらい話でした。こうおっしゃっていました。
三月七日(金)午前四時頃、神父は不調を訴え、かなり苦しそうだったので、町野さんが「救急車を呼びましょうか?」と聞いたそうです。すると「うん」と返事をした。

それから三つの病院を回ったが、どこも救急扱いで早く対処してくれた。しかし途中苦しがって――もうそのときは片手がマヒしていたらしい――手を振り回して、「アッバ、アッバ、アッバ」と、もがくように繰り返していたそうです。かなり苦しそうだったということです。

それを聞いて、勝手に「安らかに・・・」などと思い込んでいたことを申し訳なく思いました。
神父はだんだん弱っていく中で、ゲッセマネの祈りを繰り返していました。今日は、井上神父が作った「苦しみのなかでの祈り」をコピーしてきました。これは、具体的にある信者さんのために作った祈りだと、言っていました。

最後は、三食とも町野さんが食べさせ、二、三分おきにトイレに行かせ・・・といった状態だったそうです。町野さんも限界だったと思います。私は思わず、町野さんの小さな手を握って「大変だったでしょう、ありがとうございました」と言いました。
晩年の井上神父は、話のたびに、老いの厳しさを語っていましたよね。

ここに、自分のサイトからダウンロードしたCDを持て来ました。二〇一一年の「風の家」二十五周年と翌二〇一二年の二十六周年の井上神父様の講話です。

このなかで神父は、老いの厳しさを語りながらも、「アンマン空港で聞いた男の子のアッバ、アッバという叫びを、毎晩思い出しながら、ゲッセマネの祈りのように、アッバ、アッバ、と唱えています。アッバはこういう私たちの祈りを必ず聞き入れてくださっていると思います。それは、今すぐどうこうとは言えないかもしれませんが、人生の最後の完成――死ぬ時に、その人にだけ、アッバが手を広げてお迎えに来てくださるのだ、そう思っています。」と、近況を語っています。

「しかし、それが最後の時まで続けることができるのか、はなはだ自信がないので、ここにおいでくださっている皆様に、私が最後の時まで南無アッバとお祈りを唱えて、アッバのお迎えを受け入れることができるように、お祈りしていただきたいと、思います。よろしくお願いいたします。私も、皆様の上にアッバの安らぎがありますように、お祈りさせていただきます。」と結んでいます。(つづく)


南無アッバの集い&平田講座(毎月)=於:四谷ニコラバレ、日時5/27(土)13時半、6/24(土)同、7/22(土)同

―――――「余白の風」入会案内―――――
↖サイドバーをご覧ください。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/2753-7dd472f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。